NORI AND HIRO トレイル紀行

アメリカ南西部 バックカントリーの旅

ジョン・ミューア トレイル 1/4
Wilderness Trip of the Sierra Nevada and Surrounding Areas Next
−JOHN MUIR TRAIL−

ジョン・ミューア・トレイルは,アメリカ合衆国,カリフォルニア州東部のシエラ・ネバダ山脈にある。自然保護運動家でアメリカ国立公園の父といわれるジョン・ミューア(1838〜1914)の功績をたたえて作れた全長340kmの山岳道である。トレイルは,ヨセミテ滝やハーフドームで有名なヨセミテ国立公園から,アメリカ合衆国本土の最高峰であるホイットニー山(4,418m)まで続く。

レイク・バァジニア
ジョン・ミューア・トレイル (John Muir Trail) について

トレイルの北の始点は標高1,230mのヨセミテ・バレー。
標高が1,000m台はその付近だけで,2,500m前後の森林地帯と3,500mを超える高山地帯の上り下りである。

トレイルは,森を抜け,草原を横切り,渓谷の奥へと続く。つづら折りの峠道を登り,平原を進み,いくつもの川を渡り,湖を巡る。そこには3,000mを超える峠が9つあり,中でも標高4,023mのフォレスター峠は,最大の難関となる。

ホイットニーの山頂にゴールしてからも,登山口のホットニー・ポータル(標高2,500m)まで12km下る。実質の全長は350kmを超える。

このトレイルは,アメリカで最も知名度が高く,「世界中のバックパッカー(荷物を背負って山野を歩く人)のあこがれ」といわれているが,日本ではあまり知られていない。1999年に加藤則芳氏がその著書「ジョン・ミューア・トレイルを行く」で紹介してから,全行程踏破(スルーハイク)する日本人に出会うようになった。

加藤氏がNHKのTV取材を兼ねて30日かけて歩いたことから,同じような日程で歩く日本人に3回出会った。いずれも私たちが追い付き,追い越した。私たちは,1回目のスルーハイクは17日間,2回目は16日間であった。

20日くらいかけて歩く人に一番多く出会うが,体力のある人や慣れた人はそれより短い。9日で歩いた人や,7日で歩くというカップルに出会ったこともある。
どのような日程であれ,食料補給計画と荷物の軽量化,十分なトレーニングが成功のかぎになる。


サンライズ付近のトレイル


            ネバダ滝

 ● トレイルのハイライト

トレイルの北の始点のヨセミテ・バレーからの数キロは,バーナル滝やネバダ滝に向かう日帰りのハイカーで賑わう。

ヨセミテ渓谷の象徴であるハーフドームの山頂を目指すハイカーもここを通る。ここから25kmの道のりで,標高2,557mのカセドラル峠を越える。
ツオルムン草原には,簡易郵便局や食料品店があり,最初の食料補給ができる。駐車場のフードボックス(食料保管庫)に食料を入れておけば無料だ。

ツオルムン草原を過ぎ,なだらかなライエル渓谷を川に沿って歩くと,急峻なドノニュー峠が待ち受ける。

そこでヨセミテ国立公園に別れを告げ,アンセル・アダムス・ウィルダネス(自然区)に入る。アンセル・アダムスは写真家でヨセミテ渓谷にギャラリーを持つ。

アイランド峠(3,124m)を越すとサウザンアイランド・レイクやガーネット・レイクの他,エメラルド・レイク,ルビー・レイク,シャドー・レイク,ロザリエ・レイクが美しさを競うように並んでいる。

柱状岩石で有名なデビルズ・ポスト・パイル国立記念物のレッズ・メドウには売店があり,ハイカーの食料を1日1ドルで預かってくれる。そこが,第2の食料補給地点となる。

レイク・バージュニアは,レッズ・メドウから24kmで,その辺りまで来ると日帰りや数日のハイカーより,ジョン・ミューア・トレイルの全行程踏破を目指すハイカーが多くなる。

その先のシルバーパス・レイクはシルバー峠(3,322m)を超えたところにあり,その前後にあるたくさんの名もない湖とともに,バックパッカーの目を楽しませてくれる。
Copyright (C) NORI AND HIRO TRAILS IN THE SIERRA NEVADA All Rights Reserved.